ありが島は、野外研修の国内NO1の「日本野外研修ワークショップ協会」の
研修フィールドです。
 
この島で、定評ある野外における様々な研修を行います。
 
 7年間で623社の実績、驚異の成果をお試しください。
 
 
 

瀬戸内海の無人島「ありが島」で行われる野外研修について

 

清水国明が企画運営する野外研修プログラム

 

設定

瀬戸内海の無人島「ありが島」に漂着した遭難者のグループという設定で、何もない無人島で力を合わせ、みんなで知恵を絞って生存し、生還するまでのサバイバルを体験します。                        

 

目的と効果

日頃安全で快適、恵まれすぎた文明生活の中でいつの間にか忘れてしまった「生きるチカラ」を、逞しくよみがえらせます。

生きるという共通の目的のために仲間と力を合わせて、協働作業を行います。

その過程で必然的にコミュニケーション、リーダーシップ、チームビルディングの大切さを学びます。

忍耐や歓喜を仲間とともに味わい、ゴールである無人島からの脱出に成功したとき、見違えるほどの強いチームが出現します。

全員が集中して力を合わせなければ生命にもかかわるという真剣度が、快適な研修施設などでは到底得ることができない、無人島研修ならではの抜群の成果をもたらします。

 

プログラム

時計や携帯電話、パソコン、ライターなどの文明機器を港に残し、漁船で無人島に渡ります。

砂浜から上陸したときからサバイバルプログラムの開始です。

①   砂浜でレクチャー

島に潜む重大な危険についてのみ説明します。例えば海に出て漁をする場合の危険個所、危険魚種、緊急時の通報手段など。

その他は自己責任、自己判断で、スタッフによるガイドや積極的指導は行われないこと、

指導者、サポータースタッフも遭難者の一員として参加していること、

緊急時以外はログハウス施設を使わないこと、などを説明します。

ミッションは、全員が健康状態を保ち、無事にこの島を脱出すること。そのため、その間の食料調達、宿泊環境を自分たちで整えること。

この島において使用できる備品(テント・ダッジオーブン・マッチ・釣り具・のこぎり・ナタ・ロープ)を支給します。

②   その後は自由行動

島内探検(トレッキングコース)

食料調達(魚釣り・海藻・貝・ヤギ、ニワトリ捕獲)

テント設営(ハンモック・ツリーハウス・トイレ)

たき火(薪拾い・カマドつくり)

昼寝

ロープワーク

調理

脱出用筏作り(発泡スチロール・流木・帆布)

救命胴衣作成(発泡スチロール・ロープ)

 

?ナイトミーティング

夜は砂浜でたき火を囲み、各自が一日を振り返っての感想、反省のスピーチ、研修の目標、脱出についての提案などの発表を行います。

 

④筏による脱出準備

  航行テスト

  食料積み込み

  潮流・風向き調査

  救命具テスト

 

⑤脱出・生還

  港にて祝杯を挙げ記念撮影

  解散

  研修終了