活動風景
 
4月27日からスタートした「無人島キャンプ場ありが島」の
ゴールデンウィーク。たくさんのゲストでにぎわいました。
 
それぞれの感動を胸に帰りの船に乗るとき、皆さんが決まって口にされる「ありが島、ありがとう!」というフレーズがなんだか定着してきましたね。
 
僕ら無人島スタッフは相変わらず「ほったらかしおもてなし」で、とにかく楽しいことを一緒にやるだけで、これといってお世話をするわけではありません。
釣った魚さばいたりはスタッフ「たぐちっち」が得意なので、機嫌よくやっていましたが、基本自給自足。どうぞご自由にです。
 
清水国明の早朝からの魚釣りや日課のトレッキングに同行した人たちが、いつもの生活では到底体験できないサバイバル経験に驚き、おののき、そして心底感動してくれました。
 
ゲストをお迎えする準備は、決して完璧ではなかったのですが、現状のままで共有体験してもらおうと、エイヤッてやってみてわかりました。
ありが島のおもてなしは、やっぱり「ほったらかし」でいいなと。
 
自由に、マイペースで、やりたいようにやってもらうことにします。
「自己責任・自修自得・自他自由」の三原則ルールですね。
 
ありが島を堪能していただけるのは、どんなゲストなのか。
このゴールデンウィークに訪れてくれた、様々な年齢層のご夫婦、親子連れ、女子組、会社の同僚、お子様から若者、シニアまで、それぞれの楽しみ方、過ごし方を観察させていただきました。
 
その結果、これならいけるなという感触が。つまり、しつこいですが「ほったらかし」です。僕らも一緒に遊ばせてもらうのですが、朝から雨の一日でもそれなりに楽しめました。
 
日頃から、あれこれお世話してもらえるサービスたっぷりのリゾートなんかで過ごしている人や、そんなことを期待してきた人にとっては、きっと不満だったでしょうね。
 
無人島に行くのだ!サバイバルだ!自給自足なのだ!
と覚悟決めて来ていただいた人には、ここは楽園です、間違いなく。
 
で、自信つけたので僕らは、思いきってこの夏のキャンプ予約を受け付けることにします。どのあたりで締め切るのかは、テントの数や用意できる食材・調理器具の量や数で決まるでしょう。
 
いずれにしても、先着順です。宿泊予約申し込みから、さぁ、今です!
 
 
 
ゴールデンウィーク真っ最中レポート
 
五月に入って、ご夫婦や親子連れ、女子組、お医者さんグループなどなど
たくさんの「無人島クラブ」の人が「ありが島」を訪れ、それぞれの
ワクワクを楽しんでもらっています。
よかったぁー。
準備に頑張ってきたかいがあります。
皆さんの満足、笑顔が一番のご褒美。
「ありが島、ありがとう」の声が嬉しいです。
  
 
 
 
   
 
 
 
 
4月21日
みなさんこんにちは!
ありが島のニワトリ達のタマゴがたくさん増えて、一羽のニワトリがタマゴを温め始めました。昨日から抱えたのであと約20日でヒヨコの誕生です。
新しい仲間が増えるのが楽しみです。
 
 
 
 
 ありが島に春がやってきました!
 
桜が満開です。
そして新しい仲間が増えました。
天然記念物指定の黒かしわ、鵜こっけい、ミニチャボ達です。
毎日、卵を産んでくれています。
朝から元気よくコケコッコ-と鳴いています。
 
さらにありが島近海では、めばる、イワシ、アジ、はまち、タイ、クロダイ、サワラ、アマダイなど沢山の魚が釣れ始めています!
 
 
ありが島の磯では、こんな獲物がいます。
 手のひらサイズのアワビ!
 
 
うちわのような岩ガキ!
 
わかめ、ひじき、ふのりなど沢山の海藻があり、生のままおやつのように
獲ってそのまま食べられます。
ぜひ、食べてみてください!
 
今、こーんなメバルが釣れています!
でっかくてびっくりでした。
 
宝探しで有名なラッシュジャパンの齊藤社長。
大変気に入っていただけました!
これからこの島、面白くなりそうです。
 
 
 
 
http://img.p-kit.com/arigatou/arigatoudayori/1417163587075636700.pptx
                          
                              
http://img.p-kit.com/arigatou/arigatoudayori/1417163587063667500.pptx
                          
                              
http://img.p-kit.com/arigatou/arigatoudayori/1417163587051647400.pptx
                          
                              
http://img.p-kit.com/arigatou/arigatoudayori/1417163587044041800.pptx
  
 
 
清水国明の活動レポート
 
2015年の1月20日に、BSジャパンの取材がありました。
「大人のOFF」という番組で、無人島の買い方などを特集しているそうです。
ありが島を取り上げてくれて、一つの成功例として紹介してくれるようです。
 
撮影もかねて、これまで協力してくれたの仲間たちの写真を飾るための台を、
ログハウスに使った丸太の余りで作りました。
 
ノーザンライトログホームズ、LOOOP、漁協、海運会社、丸太の皮むきしてくれた仲間、みんなが写っている写真を展示することができました。
こんなにたくさんの人たちのおかげでこのログハウス、そしてありが島のインフラが完成したのだという大切な記録です。
 
皆さんのおかげ。だから「ありが島」なのだと、この島を訪れるゲストにも分かってもらいたいですね。
 
久しぶりのチェーンソーカービングで、体が痛いですがスッキリ。
出来栄えに満足しています。
 
岩国から山口新聞見て田口君来島。
釣りしてましたが、お昼一緒に食事して、
テーブル作り手伝ってくれて、
帰りにはきっちり片付けしてくれていて、
びっくり。
ナイスガイでした。
 
次回30日~2月4日にも来てくれるみたいです。
松山の松浦さんも3日ごろ。
 
気のいい無人島仲間がどんどん増えていくのが
嬉しいですねー。
 
ありが島に水上コテージ完成!
 
 
真水の池のほとりに建てました。
 
二人だけの時間を過ごせる
ワンベットルーム。
 
窓からの朝日がとてもきれいです。