施設
 
  施設1 ログハウス
 

 

 
清水国明とノーザンライトログホームズ
の仲間が、北軽井沢で木材の皮をむき、
チェーンソーで削って組み上げたものを
一度解体してありが島へ運び込みました。
10m×8mの大きな本格的なログハウス。
お風呂、バイオトイレ、キッチン、寝室、
広いリビング、ぐるりとデッキ。
木の香りいっぱいです。
 
 

雨にも風にも

冬の寒さや

夏の暑さにも負けない

頑丈で長持ち

本物ハンドカットログハウス

です。

※他のお客様とのシェア利用です。

貸切ご希望の場合はご相談下さい。

 

 

 
「ありが島ログハウス宿泊体験」について 
 

ありが島にある、ログハウスをはじめ島内のすべての施設は、無人島に魅せられた人達の共同出資と協働力の提供によって開発建設されました。

 

この無人の島であえて不便や不快を体験することで、

当たり前と思っていた日常の便利や快適さに気づき、

感謝の気持ちに目覚めることができる。

 

そんな無人島体験の効能効果を、より多くの人たちと共有するために「ありが島民」という会員組織があります。

http://sgurashi.zd.shopserve.jp/

この島で行われている自給自足の取り組みやサバイバルの生活を同じ条件で体験するには、島民に登録していただく必要があります。島民だけがログハウスやその他の施設を使用することができます。

 

ありが島の施設は、体験宿泊する人の協力金で維持管理しています。島民がみんなでシェアして気持ちよく使うために、来たとき以上にきれいにして帰るというのが基本ルールです。

ログハウスは通常の宿泊施設ではなく、登山者のための山小屋のように、海で生きる人のための海小屋です。

寝具は寝袋で、スペースを島民同士が共同で使います。

来島者はゲストではなくサバイバーであることを理解した上でありが島ログハウス宿泊体験を申し込んでください。

 
  施設2 太陽光発電
 

 

㈱LOOOP製の太陽光発電パネル
 
一日当たり6㌔の発電が可能。
 
誰もが自分で設置できるDIYの
太陽光パネルです。
  
 
  施設3 クルーザー
 

 

 

  ありが島へのアクセス

   
  すぐ隣の周防大島までは10分
  漁船かクルーザーでの送迎です。
 
  事前に事務局へ連絡してください。
  
   03-5765-5825
  
  
  
 
施設4 上水道

 

 

 
井戸を掘りました。
水道局の35項目検査をクリア。
美味しい水が出ています。
 

水上コテージ


 

 

 

 
 
 
 施設5 ドームテント

建設中のドーム 

ありが島の砂浜に5つのドームテントが
完成しました!

強化FRP製で、台風の雨にも風にも
ビクともしません。これでもう安心。
どんな季節にも、余裕で無人島生活を
堪能することができます。

床は砂のままですから、中でBBQもできます。ドームテントの中にテントを張れば、
雨にも風にも寒さにも邪魔されずに
オールシーズンであアウトドアが楽しめます。

ドームテントはキャンプ初心者にも
ベテランにも嬉しい、安心シェルターです。どうぞご利用ください。

ドーム外観ドーム遠景
ドーム内部ドームからの眺め